Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヨウナラFC2ブログ!

2010年の1月から始めた当方のブログ。

もうすぐ3年です。

三日坊主な私がここまで続けられたのは、

面倒くさがりで他者にあまりコメントをしないのに、

律儀に私のブログにコメントして頂けるファッションブロガーの方々、

おしかけ応援団なのに宣伝を喜んでくれた富山の名店Albanoさん、

そして、誤字脱字が多いしょーもない記事に付き合ってくれた読者の方々のおかげです!

本当にありがとうございました!

私は新天地に旅立ちます。

サヨウナラFC2BLOG。

そして、こんにちは新しい「気ままにクラシコ

紛らわしい記事でスミマセン。

ただのブログの引越です。

気ままにクラシコはまだ続けます。

新しいURLは http://www.kimakura.net です。

「気まクラ.net」とお覚えください!

これからも宜しくお願いしますね〜。
スポンサーサイト

ブログ

最近は全然更新していない当方のブログ。

決してサボっているわけではありません

水面下で◯◯をしているですが、初めてのことで中々思うように進まないんです。

うまくいけば来週ぐらいには稼働できるかな

もしかしたら気づいている人もいるかも…

しばらくお待ちくださいね。

iPad、買いました。

小さい方ではなく、大きい方のiPad(第4世代)を買いました!



仕事のペーパーレス化を図るために以前から欲しかったのですが、

第4世代への切り替えに合わせてゲットです。

ファーストインプレッションですが、iPadの大画面Retinaディスプレイが

私には眩しすぎます!もちろん褒め言葉です(笑)。

まぁすぐになれると思いますが・・・

周りの方が言うように、パソコンの電源を入れる機会が確実に減りますね。


仕事用とかいいながら、もちろんプライベートでも使います。

家ではRSSリーダーやSafariがメインになると思いますが、

もう一つiPadでやってみたことがあるのです。

それが・・・

小さいiPhoneではやりにくかったお絵描きソフトを使うことです!

絵心のまったくない私ですが、さっそく遊んでみました。

IMG_0004.jpg
ASPESI M-65 REPLICA

IMG_0002.jpg
いつかのカッコ(パクリ)

上の二つはArtRageというアプリを使っています。

写真を取り込んで、上からなぞるだけでそれっぽい絵が描けますよ。

中学時代、美術の時間が嫌で仕方なかった私ですが、楽しんで描けました。

機能がたくさんあるみたいなので、使い込んだら面白そうですね〜。


IMG_0003.jpg
WOOKRICH  ARCTIC PARKA

こちらはpaper by fiftythreeというアプリを使って描きました。

上のドローイングソフトと違って、機能はかなり絞られていますが、

線を描くのがとにかく気持ち良いです。

「すっーぅ」と混じりけのない奇麗なラインを誰でもひくことができます。

上の絵は雑誌を見ながらゼロから私がスケッチしましたよ。

とても褒められた絵ではありませんが、アプリの力でなんとか見られる仕上がりになりました


写真もわるくありませんが、こんなイラストをつかってブログの記事を

書く(描く)のも悪くないですね。

少しずつ練習して綿谷画伯を目指しちゃおうかな(笑)



信用してくれるお店

私は洋服とは別に家具や雑貨屋を巡るのも、趣味の一つです。

転勤族なため、あまりモノを買わない嫌な客ですが、

自分の頭の中で洋服のコーディネートのように、家具や雑貨を組み合わせて楽しんでいます。


札幌のある家具屋さんにはの張り紙がいたるところに貼付けられています。

「ソファでの休憩はお断りします」

「店内での写真撮影は禁止」

「撮影した場合はスタッフが確認します」



と、注意書きがたくさん。

心無しか、店員さんのお客を見る目が監視をしているような・・・

ショッピングセンターの中にあるお店で、

色々なお客さんがいるなか苦労されているのでしょう。

ただ、私自身こちらではとてもモノを買う気が起きないですね。

と言うのも、お店としての心構えがこの注意書きに表れてしまっているからです。

この注意書きを穿ってみれば、お客のことを信用してない、というふに読めてしまいます。

相手から信用されていないと思えば、こちらも相手を信用できません。

これでは、

商品に不良があった場合、とりあってもらえないのではないか?

アフターフォローをまともに受けられないのはないか?

と心配になってしまいます。


一方で、銀座にあるバッグや革小物を取り扱っている某店には、

こんな案内が掲げられています。

「ご自由にお手にお取りください」



決して安くない品を取り扱っているお店ですが、自由に商品を触らせてくれます。

もちろん自由とあっても、傷を付けないように取り扱いには注意をはらいます。

上のお店とは逆に、お客を信用しているからこそ、こうした案内をされているのでしょうね。

ちなみに、オーナーさんは人当たりの柔らか〜いダンディーな紳士です。

頭も体も固い私にとって憧れのご仁です(笑)


相手が信用してくれれば、こちらもそれに答えるもの。

こうしたお店で気持ちよく買い物をしたいですね〜。

お知らせ

近頃は多忙のため、自分のブログの更新で精一杯となっています

他のブロガーさんの記事もチェックできず、コメントもできていない状況ですので、

少しの間、私のコメント欄は閉鎖させてもらいます。

遠くないうちに必ずコメント欄は再開しますので、しばらくお待ちください!

Appendix

FC2カウンター

Profile

JulieO by R.Yashiro

Author:JulieO by R.Yashiro
カッコだけはエリートリーマンの私が、主にイタリアのファッションについて語ります!富山の名店Albanoさんの北海道支店長(自称)でもあります。

タグクラウドとサーチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。