Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏はAlbanoへ進路を取れ !

今年のお盆は、暑〜い本州の実家には帰らず、北海道で過ごそうと思っていたのですが、

ちょっとした用事が実家にできてしまい、お盆に帰省することにしました。

そこで思いついたのが、富山のAlbanoさんへの訪問です!

実家から富山までは高速道路で400km以上とかなりの距離があるのですが、

そこは気合いの日帰りで富山もといAlbanoさんに行ってきました!


Albanoさんではボリオリ、ガイオラ、フィナモレの第一弾が入荷していました。

IMG_2239.jpg


ボリオリで真っ先に目についたのがコチラ。

IMG_2237.jpg
後ろにオーナーさんが移っています

ウィンドウペンのドーヴァースーツです!

こちらは2月のボリオリオーダー時に私がオーナーさんにお願いした生地。

英国調でカントリーな雰囲気とドーヴァーの攻めたスタイルが混ざり合ってカッコいい!

ところが・・・







マイサイズの44は既に売り切れていたのです_| ̄|○

あまりにもカッコ良かったので一つ上の46サイズを着て上の写真は撮っています。

IMG_2235.jpg

ウィンドウペンのブラウンとストールの色を合わせてみました。

こうやってスーツを着崩すのもありですね。

以前の記事にあるように作業服で仕事をしている今は、

スーツやジャケットは自重しなければなりません。

ただ、これはサイズがあれば買っていたな(笑)。

ある意味、私より先に44サイズを買って頂いた方に感謝かも...!?

「すっぱいブドウ」ならぬ「すっぱいボリオリ」になって、

自分に言い聞かせている私です(笑)


気を取り直してガイオラです。

こちらは一枚仕立てのジャケットがカッコ良かったです!

写真を取り忘れてしまったのですが、完全な一枚仕立てありながらも

大きなシワが生じないのが凄い!

ボリオリのドーヴァーも一枚仕立てといいながらも、肩から前身頃にかけては

一枚ではありませんし、副資材を使っていますからね(否定しているわけではないですよ)。

ガイオラのジャケットは本当に一枚仕立てです。

これはぜひAlbanoさんで確認してみてください!


フィナモレは7〜8型ほど入荷していました。

今回はいつものアルバーノさんよりベーシックな柄が多い気がします。

私は以前よりお願いしていた柄をすかさずゲットです。

こちらは次にご紹介しますね。

他に気になった柄はコチラ。

IMG_2241.jpg

チェックのネルシャツですが、襟形がいつものセルジオでなくボタンダウンなんです。

これはフィナモレの社長が代理店に来た時に、お願いして復刻した襟だそうです。

襟のロールがキレイでセルジオに負けないカッコ良さでしたよ。


今回はフィナモレの購入だけでなく、幸運にもアルバーノさん恒例の・・・

店内でのフィナモレ生地選びに参戦することができました!

バイヤーの方は通常、代理店で生地を選ぶのですが、オーダー数が半端ないAlbanoさんでは

スワッチをお店に送ってもらって、店内でゆっくり選びます。

そこに出くわすことのできたお客さんは、バイヤー気分で生地をリクエストできるのです。

もっとも決定権はあくまでオーナーさんですけどね・・・

IMG_2228.jpg
写真クリックで大きいサイズで確認できます

オーナーさんは来年の春夏用として上の写真にある生地を考えているみたいですよ。

なにが入荷するか、気になる方はAlbanoさんに聞いてみて下さいね。

私もいくつかリクエストをしてきました♪

来年の春夏もフィナモレは楽しみがいっぱいですね〜。


今回はこんな記念写真も撮ってきました。

P1060160-(480x360).jpg

左が私で、ボリオリのコーデュロイ風COATスーツを着ています。

コチラは秋冬の新作で、Albanoさんらしいセレクトの遊び用スーツですね。

右がオーナさんです!この日はかなり暑かったので、ジャケットを脱いでいます。

タグのついた服をたくさん着ている真ん中の女性は!?

あえてこのブログでは触れないでおきます(笑)

ココはただのファッションブログですからね。

それでは〜。


(ボリオリ) BOGLIOLI DOVER-2B/ウールホップサック ネイビー 46



スポンサーサイト

何しに行ってるんだ! ~東京のついでに富山!?~

題名は東京出張の経路を会社の経理係に説明した時に浴びせられた言葉です。

新千歳⇔羽田の航空搭乗券のはずが、なぜか富山→新千歳(帰路)になっている

のですから仕方がありません。

誤解の無いように言っておきますが、こうした場合は羽田→新千歳の最低料金しかでません・・・


Twitterを見て頂いている方はご存知かもしれませんが、

またもや東京出張のついでに富山に遊びに行ってきました!

前からブログを読んでいる方は呆れているかもしれませんが、好きなんです富山が・・・

東京でもブログ仲間のアウスレーゼさんとの物欲会議や、

銀座での素敵な出会い(また別の機会に記事にします)もありましたが、

やはり主役は富山の名店「Albano」さんへの訪問です。

今の時期は毎週のように入荷があり見逃せません。

前開訪問時はボリオリが入荷していましたが、今回はガイオラとフィナモレです!

ガイオラはかなり好調みたいで、すでに私のサイズの44はかなり売れていました。

このため追加発注をかけるみたいですよ。

ガイオラで気になったのが、コチラの一枚仕立てのジャケットです。

IMG_1727.jpg

ボリオリのドーヴァーでも十分に軽いのですが、それを遥かに凌駕する軽さです!

殆どシャツジャケットと言ってもいいのですが、

着てみるとしっかりジャケットで、ラペルの反りや襟の吸い付きもしっかり表現しています。

しかも、生地はエクスクルーシブでシワになりにくシャリ感の強い生地を使っているんです。

これなら夏の暑い日にジャケットを脱いで無造作に鞄にしまってもシワになりませんよね。

こんなチェックジャケットは⬇のような感じで着こなしてもイイですね。

【MEN'S Precious SNAPより】
IMG_1755_20120229232754.jpg

実はコチラのジャケットは秋冬ヴァージョンもあるそうなんです。

秋冬用の生地の方が当然厚みがあり、より一枚仕立てが映えるジャケットになりそうですよね。

代理店で実物を見ている店長さんが、嬉しそうに語る姿を見ていると期待「大」です!


ボリオリは前回訪問時からさらに数点入荷しています。

アルバーノさんらしいのがこんなグレンチェックのCOATスーツです。

しかも、ただのグレンチェックではなくウィンドーペンがはっきりしています。

COATであっても洗いは強くないので、服飾コードが緩い会社でしたらオンでもOKそうです。

IMG_1731.jpg

こちらはジャケパンとして着てみました。

と言うのも、スーツのパンツが細すぎて履けなかったんです_| ̄|○

たぶんあれは仕立て時のサイズミスのような気がします。というかそう思いたい・・・

IMG_1714.jpg

パンツはインコテックスの30番です。

適度なテーパードがジャケットにピッタリですね。


こちらは、ミントグリーンのK.JACKETです。

クラシコイタリアが好きな峰竜太さんが着ていそうなジャケットですよね。

見た目は派手ですが、着てみると意外としっくりきますよ。

IMG_1730.jpg

次回に続きます!

2012年秋冬スタート!?

前回からの続きです。

アルバーノさんにボリオリの春夏が入荷したと同時に・・・

ボリオリの2012-13の秋冬サンプルが入荷していたのです!

アルバーノさんはボリオリを大量に発注するため、代理店だけで注文するのではなく、

サンプルをお店に取り寄せて、アレやコレやとじっくりと選ぶのです。

そんな時に居合わせたらもう大変。

生地のスワッチやサンプルを見て、アレもコレも欲しいと物欲全快です!

今回も春夏そっちのけで、秋冬をチェックしてきました。

⬇が送られてきたサンプルです。

IMG_1592.jpg

手前二つがCOAT、その奥がサファリジャケットのチェルシー、

さらにその奥がコーデュロイのCOATスーツです。

手前二つのCOATは微妙な色出しでボリオリらしい仕上がりです。

コーデュロイもこれから注目の素材ですよね。

この中でサファリジャケットを着てみました!

IMG_1626.jpg

サンプルは48サイズなのでマイサイズが44の私にはダボダボです。

片手で後ろからジャケットを引っ張っているため、それらしく見えますね。

春夏のチェルシーにはそれほど惹かれませんでしたが、素材が変わってかなりの好印象です。

襟を立てブルゾン風に着こなすのがイイです!

厚手の生地なので、中にストールをグルグル巻きすれば首都圏の冬は越せると思います!

ただオンでは使えないので、少し悩むところですね~。


サンプルとは別の段ボールが・・・

IMG_1591_20120212093219.jpg

開けてみると・・・

生地のスワッチとモデルブックなんですね~。

IMG_1602.jpg

今期から売り出し中のチェルシーもしっかり記載されています。

スワッチにはチェルシーとありますから、チェルシー専用の生地を使うんでしょうね。

IMG_1628_20120212090015.jpg


ダブルのニットジャケットはモデルチェンジするみたいですね。

織りがアランニットになるのかな。

これもカッコ良いな~。

IMG_1614.jpg


大量のスワッチから私が気になったがモノがこちら!

IMG_1627.jpg

ネイビーにベージュのウィンドーペンが入った生地です!

こちらはドーヴァーモデルのもの。

これをドーヴァースーツで仕立てて、ベージュのタートルネック、スエード靴

なんて合わせたら、まさにクラシコオヤジです!

もちろんタイドアップしてオンでも使えますし、広~く活用出来そうです。

秋冬のイメージが広がるな~。

これは是非仕入れて下さい、とオーナーさんにお願いしておきました。

まぁ、入荷するかどうかはオーナーさんの考えしだいですけどね。


IMG_1621.jpg

こちらはCOAT用のコーデュロイ素材です。

洗いがかかり、くったりした感じが良い味わいです。

スーツで着こなせたらまさに「The業界人」って感じです。


IMG_1616.jpg

こちらのグレンチェックの生地も良いです!

英国調がトレンド(いつも言っている気がしますが)みたいですしね。

私自身、無地のスーツ、ジャケットがかなり揃ってきたので、チェック生地が気になります。


IMG_1623.jpg

こちらはカシミア100%のK.JACKETです。

値段が226,000と大変なことになっています!

アルバーノさんがボリオリを直輸入していたころなら、

カシミア100のKも買える可能性がありましたが、

今となっていは夢物語です・・・


IMG_1619.jpg

こちらは定番のドーヴァーラインの生地です。

右列下から二つ目の生地は以前にドーヴァースーツの記事でご紹介したものと同じ生地です。

こちらは毎年売れ行き好調のようで、秋冬も入れるようですよ。

この生地は色の出方が本当に微妙で、着ている人をお洒落に見せてくれます。


こうして、秋冬が終わった瞬間に秋冬が始まり、すでに私の心は秋冬に。

春夏の物欲もこのまま無くなってくれればよいのですが・・・そんなわけないな_| ̄|○

2012年春夏スタート! ~やっぱりボリオリ~

ボリオリの聖地アルバーノさんでも今シーズンが始まりましたね!

幸運にもこの時期に東京出張がかさなったので、ついでに富山まで行ってきました!

広~い北海道の距離感に慣れれば、東京~富山なんて「ついで」レベルです。

ボリオリとフィナモレ好きなら東京の方でも富山に行く価値はありますよ。

アルバーノさん以外にも東京にはない面白お店がありますし、お寿司も美味しいですしね。

話がそれました・・・

アルバーノさんではボリオリの七割程度が入荷したようです。

今期注目のサファリジャケットのチェルシーも入荷しています。

ほぼ一日をかけてさんざん来倒してきましたよ。

その中で一番気になったジャケットがコチラ!

IMG_1596.jpg

リネン混のオフホワイトCOATです。

軽めの色落ちとスラブ感のある生地がイイです!

コットン100%のCOATは、仕事で着るには少し難しいのですが、

こちらは生地が落ち着いた感じなため、オンでもいけそうです!

自分ならチャコールグレーのウールパンツかネイビーのチノパンで、

コントラストをつけて合わせたいです。

シャツは白シャツから紺ポロまで、なんにでも合いそうですね~。

焦げ茶のニットタイなんかを合わせて、コロニアル風な着こなしがハマりそうです。

IMG_1599.jpg

こちらが生地のアップです。

バイアスの生地に、うっすらと水平方向の線が見えます。

コットン100%のCOATには無い生地感ですね。


次に気になったのがコチラ!

IMG_1597.jpg

こちらも同じくリネン混の紺ドーヴァーです!

後ろに見えるのはコットン100%のCOAT

リネン混のドーヴァーはホップサックタイプよりもよりザックリ感が強いです。

生地に伸縮性があり、ギュインギュインに伸びますが、

ジャージのようにただ柔らかいだけでなく、生地に張りがあってシッカリ感があります。

個人的にはホップサックの紺ドーバーよりも好きだな~。

かなり惹かれたのですが、紺ジャケは去年もリネン100%のKジャケを買ったんですよね。

さすがにこれ以上、紺ジャケを買っても着こなしの幅は広がりませんからね・・・

このモデルは足が速いと思いますので、気になる方は急がれた方が良いですよ~。

ちなみに、私が去年に買ったリネン100%のKジャケは今回も入荷していますよ。

Kですがそんなに高く無いので、コチラもお勧めです。


次に気になったのがコチラ!

IMG_1631.jpg

薄~い水色のコットン100%のCOATです。

生地は太めのヘリンボーンですね。

グレーとも薄い水色ともつかない微妙な色合いがイイです!

これからの季節にピッタリです。

こんな感じで合わせらたらカッコよいですね。

【MEN'S CLUBより】
IMG_0803.jpg


他にはCOATのスーツやドーヴァースーツも良かったですよ。

COATのスーツは明るめのブルーとグレーが入荷していました。

IMG_1598.jpg

COATスーツのパンツはまさに洗いのかかったチノパンです!

ジャケットはもちろんそれぞれ単品で使えそうです。

むしろセットアップで着ることの方が少ないかも(笑)

パンツのシルエットも劇細テーパードでものすごく今風です。


ドーヴァースーツは昨シーズンから進化していますね。

IMG_1600.jpg

裏地の胸部分にポケットが付いて、裏地自体の付き方も変わっています。


でっ、私が何を買ったかと言うと・・・



何も買っていません!

実は、近いうちにまたこりずに東京→富山に行く予定があるんですよね。

どうしても欲しいモデルがあるわけではありませんので、

次回まで様子をみたいと思います!

今年はボリオリ以外にもガイオラも気になりますしね。


アルバーノさん訪問記事はこれで終わりと思いきや・・・

まだ続きが・・・次回です!


Albano 北海道支店 ~COATの中のCOAT~

Albano北海道支店、ボリオリ編はとりあえず最後です!

ボリオリのオンリーショップ(自称)Albanoさんの一押しモデル、

ジャケットに洗いを掛けたCOATライン。

今シーズンは強烈な洗いがかかった

COATの中のCOATとも言えるモデルが入荷しました!

PA250007.jpg

Albano営業部長でもあるうめっつさんが、一目見てオーダーを入れたというジャケット。

うめっつさんはなぜか直前で取り逃がしてしまったそうですが(笑)

背中にベースとなった生地が見えますが、濃いベージュ系のグレンチェックに

インディゴ系の色合いで製品染めをかけたものです。

正面からみると落ち着いたネイビー系のグレンチェックですが・・・

斜めから見ると、染めきれなかった元のベージュがうっすらと見えて、

何とも言えないイイ色合いです!

見る人によっては、ドブ川から拾ってきたゴホゴホ少し薄汚れて見えますが、

これは「イタリアの有名ブランドで、製品染め云々・・・」と説明してやりましょう。

襟を立ててK.jacketを着てるのに、直されてしまって何も言えない私です・・・

PA260028.jpg

生地はコットンと麻の混紡で、厚手でしっかりとしています。

秋から初冬まで活用出来ると思いますよ~。

インパクトのあるジャケットなので、

私ならシンプルに無地シャツ+ウールの5ポケットパンツに合わせます。

このジャケット、アルバーノさん情報では

かなり人気があるようなので、早めに連絡が吉ですよ!

Appendix

FC2カウンター

Profile

JulieO by R.Yashiro

Author:JulieO by R.Yashiro
カッコだけはエリートリーマンの私が、主にイタリアのファッションについて語ります!富山の名店Albanoさんの北海道支店長(自称)でもあります。

タグクラウドとサーチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。