Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albano 北海道支店 ~フィナモレとエリッコ~

私がAlbanoさんに通うようになったきっかけは、フィナモレのシャツです。

Albanoさんに私が初めて入店した時のこと、

頼んでもいないのに(←ここ重要)オーナーからフィナモレのシャツの試着を勧められ、

シャツの上から無理矢理フィナモレのシャツを着させてもらいました。

当時はドゥエボットーニのような襟高のシャツの流行は完全に終わっていましたが、

フィナモレのセルジオの襟の高さと開き具合が、妙に新鮮に感じたことを覚えています・・・

その時は気に入った生地でMyサイズが無く購入に至りませんでしたが、

その後、フィナモレを求めてAlbanoさんに通っていたら、

ボリオリまでハマり、いつのまにこんなブログを開設するまでになってしまいました!

フィナモレのシャツが取り持つ縁。何とも不思議ですね~。


今シーズンももちろん、Albanoさんにフィナモレのシャツが入荷しています。

PA260032.jpg

売れ筋のシャンブレー素材で、色はブルーグレーです。

セリジオの襟にはドゥエシャツのようなあざとさが無く、あくまで上品さを保っています。

それでいてしっかり主張したシャツであり、一枚で着ても様になるシャツです!

最近はかなり人気のようで、セレクトショップの店員さんから

かなりの確率で「フィナモレのシャツですね」と指摘されるようになりました。

PA260035.jpg

こちらはラベンダーの千鳥格子柄です!

こちらも売れ筋でしょうね~。

両者ともご紹介が遅れてますので、実店舗では売り切れているかもしれません。

その際はご容赦ください・・・


フィナモレのセルジオの唯一の欠点は、タイドアップできない点です。

出来ないことは無いのですが、襟が開きすぎてネクタイの中継ぎの部分が見えてしまいます。

オンオフ活用したいならこちらお勧めです!

P80900111.jpg

エリッコ・フォルミコラのシャツです!

ネクタイはもちろん、ノータイでも奇麗な襟形ですよ。

個人的には襟の形はフィナモレのセルジオより好みです。

ただ着心地や生地などシャツの完成度で考えると、フィナモレのセルジオに軍配が上がります。

両者とも自信を持ってお勧め出来るシャツですよ~。

気になる方はAlbanoさんにご連絡を!
スポンサーサイト

Albano北海道支店 ~ERRICO FORMICOLAのM5~

Albano北海道支店はひとまずこれで最後!

P8090001.jpg

ERRICO FORMICOLA(エリッコ フォルミコラ)のM5のです!

って殆どの人が「??」でしょうね~。

「M5」ってのは、シャツの襟(モデル)の名称みたいです。

いわゆるホリゾンタルカラーってやつですね。

去年にご紹介したこちらのモデルも同じ襟形だと思います。


この襟形、完成度はかなり高いです!

ホリゾンタルカラーと言えばフィナモレのセルジオも格好良いのですが、

襟が明後日の方向を向いているので、ネクタイは締めることができないんですよね。

その点、エリッコは適度なバランスでON・OFF両者を上手くこなします。

ネクタイの納まりが良いのははもちろん、

ノータイでも襟がへたらずに奇麗なVゾーンをつくります。


今回のモデルも欲しいのですが、ボリオリ兼シャツ屋のAlbanoさんには、

まだまだシャツが入荷するようなので、とりあえず保留中です。

買ってもいない無責任バイヤーJの私が、これからもドシドシM5を仕入れるように、

Albanoさんにはお願いしておきました(笑)それぐらい気に入っているんですよ。

P8090011.jpg


Albanoさんではオールマシンメイドで値段も手頃です!

エリッコはM5以外のモデルも入荷しています。

気になる方はAlbanoさんにお問い合わせを~。

Albano北海道支店 ~エリッコとバルバのシャツ~

Albano北海道支店、今シーズンはこちらで最後になります。

eriko.jpg

エリッコ・フォルミコラのドレスシャツです。

Albanoさんではエリッコはマシンメイドで一万円台です。

ジャケットは着なくてもシャツを着ないことは無いサラリーマンにとって、

ありがた~い値段ですね。

すでにクールビズに突入していますが、ノーネクタイでだらしなく広がった襟は格好悪いです。

こちらのシャツはボレリに在籍したというエリッコさんのシャツブランドだけあって、

ノーネクタイでも襟はビシッと決まります。

具体的に言えば、襟のVゾーンがしっかりと鋭角に保たれます。

ただ残念なことに、やせ形の私には身幅がやや大きいのです。

来年の春夏はネックサイズに対して身幅のサイズを落として発注して下さい!長谷川サン!

barba.jpg

バルバの鹿の子シャツです!

鹿の子シャツ、最近のトレンドですよね。

コチラもご多分に漏れず、やわらか~い着心地が好印象です!

もちろんネクタイでもノーネクタイでも対応出来ます。

薄いラベンダーの色合いも良いし、売れないはず無い!?


次回から通常のブログに戻ります。

アメカジライクなシャツに挑戦vol.2 ~エリッコ・フォルミコラ~

前回からの続きとなります。チェックシャツはカジュアルに着るだけのものではない!ってことに気づかせてくれたのがコチラ。今年の秋にリリースされたばかりのSnpaLeon Vol.4です!

LEON4

チャコールグレーのシックなスーツにカジュアルなチェックシャツを合わせて、ニットタイでタイドアップしています。カジュアルなシャツをドレッシーに着て、チェックシャツとスーツという相反するアイテムをうまく合わせていますね。こんなシャツをドレッシーに着たいのであれば、ジャケットに逃げてしまいがちですが、あえてちょいモードなスーツに合わせているのがイイ!ジャケットの方が合わせやすいのでしょうが、ありきたりなスタイルになってしまいますよね。

そんな訳で、私も以前にご紹介したボリオリのワイトスーツにエリコのチェックシャツを合わせてみました。シャツが派手な柄物なので、スーツとネクタイは無地にして中和します。カジュアルシャツだけにタイはニットタイが一番合いますね~。ワイトスーツはジャケットから派生したスーツなので、こんなスタイルでも上手くはまります。肩パッドががっちり入ったスーツだと違和感があるかもしれませんね。ちなみに、スナップレオンの方の襟はボタンダウンですが私はホリゾンタルが好きです!

スーチェック
スーツ:BOGLIOLI(WIGHT)
シャツ:Errico Formicola
ネクタイ:pt.alfred
ベルト:Felisi
靴:KOKON


なんだかセレクトショップの店員さんみたいです。私はファッションとは無縁の仕事をしていますが、実際にこんなカッコで職場に行っています。はっきり言って、周りの方には理解されていないでしょうね・・・。「派手っ!」とか「休日シャツを何故職場に?」なんて無言の声が聞こえてきそうです。よくファッションは「自己満足」だと言いますが、私は自分が良ければそれで良しなんて思いません。まぁ難しいのでしょうが、一人でもこんなカッコを理解してくれる人がいれば良いな~と思っています。

アメカジライクなシャツに挑戦vol.1 ~エリッコ・フォルミコラ~

エリッコ・フォルミコラのチェックシャツ。
エリコ1

今シーズンにAlbanoさんで買ったものです。イタリア ナポリのシャツメーカーで数年前から大手のセレクトショップでよく見かけるようになりましたね。こちらのシャツはマシンメイドのせいか、値段はアンダー2万円で手ごろです。柄は一見するとアメカジライクですが、よく見るとパープルのオーバーペンが入っています。このへんがちょっとイタリアンですね~。

襟開け
ONの日!

エリッコは元々ルイジ・ボレッリにいた方が始めたブランドだけ、襟形がよく出来ています!設計がイマイチなシャツはノーネクタイだと襟先がだらしなく広がって、間が抜けたように見ます。ノーネクタイではボタンダウンが決まりやすいのは、その構造上、襟が立ちやすいためだと思いますね~。ただ、設計がしっかりしたシャツはBDでも無くても、ノータイでビシッと着こなせます。コチラはホリゾンタルカラーですが第一ボタンを外して着ても、襟がしっかりと立ったままで適度なVゾーンを保ちます。もちろん、ネクタイの収まりも良く、襟先はラペルからはみ出ません。パターン、襟の形、ボタンの間隔などしっかりと考えられているんでしょうね。ただ、エリッコも完璧なわけではなく、アームホールや身頃のパターンには改良の余地があるように思います・・・。

エリッコ2
OFFの日!

ところで、こんなアメカジライクなチェックシャツを買ったのは本当に久しぶりです!こうしたチェックは一歩間違えると秋葉系に間違えられるので、注意が必要なんですよね~。私は爽やか好青年なストライプばかりに逃げていましたが、スタイルの幅を広げるためにもコチラに挑戦してみました!カジュアルなシャツなので、前の記事にあったように、ボリオリのニットジャケットのようなカジュアルウェアに合わせるのが普通ですが、実はあるスタイルを試してみたくて、買ったということもあるんです!スタイルは次回にご紹介しますが、ツイッター上の「今日のカッコ(パクリ)」を見ている方なら分かるかな!?

Appendix

FC2カウンター

Profile

JulieO by R.Yashiro

Author:JulieO by R.Yashiro
カッコだけはエリートリーマンの私が、主にイタリアのファッションについて語ります!富山の名店Albanoさんの北海道支店長(自称)でもあります。

タグクラウドとサーチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。