Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏はAlbanoへ進路を取れ !

今年のお盆は、暑〜い本州の実家には帰らず、北海道で過ごそうと思っていたのですが、

ちょっとした用事が実家にできてしまい、お盆に帰省することにしました。

そこで思いついたのが、富山のAlbanoさんへの訪問です!

実家から富山までは高速道路で400km以上とかなりの距離があるのですが、

そこは気合いの日帰りで富山もといAlbanoさんに行ってきました!


Albanoさんではボリオリ、ガイオラ、フィナモレの第一弾が入荷していました。

IMG_2239.jpg


ボリオリで真っ先に目についたのがコチラ。

IMG_2237.jpg
後ろにオーナーさんが移っています

ウィンドウペンのドーヴァースーツです!

こちらは2月のボリオリオーダー時に私がオーナーさんにお願いした生地。

英国調でカントリーな雰囲気とドーヴァーの攻めたスタイルが混ざり合ってカッコいい!

ところが・・・







マイサイズの44は既に売り切れていたのです_| ̄|○

あまりにもカッコ良かったので一つ上の46サイズを着て上の写真は撮っています。

IMG_2235.jpg

ウィンドウペンのブラウンとストールの色を合わせてみました。

こうやってスーツを着崩すのもありですね。

以前の記事にあるように作業服で仕事をしている今は、

スーツやジャケットは自重しなければなりません。

ただ、これはサイズがあれば買っていたな(笑)。

ある意味、私より先に44サイズを買って頂いた方に感謝かも...!?

「すっぱいブドウ」ならぬ「すっぱいボリオリ」になって、

自分に言い聞かせている私です(笑)


気を取り直してガイオラです。

こちらは一枚仕立てのジャケットがカッコ良かったです!

写真を取り忘れてしまったのですが、完全な一枚仕立てありながらも

大きなシワが生じないのが凄い!

ボリオリのドーヴァーも一枚仕立てといいながらも、肩から前身頃にかけては

一枚ではありませんし、副資材を使っていますからね(否定しているわけではないですよ)。

ガイオラのジャケットは本当に一枚仕立てです。

これはぜひAlbanoさんで確認してみてください!


フィナモレは7〜8型ほど入荷していました。

今回はいつものアルバーノさんよりベーシックな柄が多い気がします。

私は以前よりお願いしていた柄をすかさずゲットです。

こちらは次にご紹介しますね。

他に気になった柄はコチラ。

IMG_2241.jpg

チェックのネルシャツですが、襟形がいつものセルジオでなくボタンダウンなんです。

これはフィナモレの社長が代理店に来た時に、お願いして復刻した襟だそうです。

襟のロールがキレイでセルジオに負けないカッコ良さでしたよ。


今回はフィナモレの購入だけでなく、幸運にもアルバーノさん恒例の・・・

店内でのフィナモレ生地選びに参戦することができました!

バイヤーの方は通常、代理店で生地を選ぶのですが、オーダー数が半端ないAlbanoさんでは

スワッチをお店に送ってもらって、店内でゆっくり選びます。

そこに出くわすことのできたお客さんは、バイヤー気分で生地をリクエストできるのです。

もっとも決定権はあくまでオーナーさんですけどね・・・

IMG_2228.jpg
写真クリックで大きいサイズで確認できます

オーナーさんは来年の春夏用として上の写真にある生地を考えているみたいですよ。

なにが入荷するか、気になる方はAlbanoさんに聞いてみて下さいね。

私もいくつかリクエストをしてきました♪

来年の春夏もフィナモレは楽しみがいっぱいですね〜。


今回はこんな記念写真も撮ってきました。

P1060160-(480x360).jpg

左が私で、ボリオリのコーデュロイ風COATスーツを着ています。

コチラは秋冬の新作で、Albanoさんらしいセレクトの遊び用スーツですね。

右がオーナさんです!この日はかなり暑かったので、ジャケットを脱いでいます。

タグのついた服をたくさん着ている真ん中の女性は!?

あえてこのブログでは触れないでおきます(笑)

ココはただのファッションブログですからね。

それでは〜。


(ボリオリ) BOGLIOLI DOVER-2B/ウールホップサック ネイビー 46



スポンサーサイト

何しに行ってるんだ! ~東京のついでに富山!?~

題名は東京出張の経路を会社の経理係に説明した時に浴びせられた言葉です。

新千歳⇔羽田の航空搭乗券のはずが、なぜか富山→新千歳(帰路)になっている

のですから仕方がありません。

誤解の無いように言っておきますが、こうした場合は羽田→新千歳の最低料金しかでません・・・


Twitterを見て頂いている方はご存知かもしれませんが、

またもや東京出張のついでに富山に遊びに行ってきました!

前からブログを読んでいる方は呆れているかもしれませんが、好きなんです富山が・・・

東京でもブログ仲間のアウスレーゼさんとの物欲会議や、

銀座での素敵な出会い(また別の機会に記事にします)もありましたが、

やはり主役は富山の名店「Albano」さんへの訪問です。

今の時期は毎週のように入荷があり見逃せません。

前開訪問時はボリオリが入荷していましたが、今回はガイオラとフィナモレです!

ガイオラはかなり好調みたいで、すでに私のサイズの44はかなり売れていました。

このため追加発注をかけるみたいですよ。

ガイオラで気になったのが、コチラの一枚仕立てのジャケットです。

IMG_1727.jpg

ボリオリのドーヴァーでも十分に軽いのですが、それを遥かに凌駕する軽さです!

殆どシャツジャケットと言ってもいいのですが、

着てみるとしっかりジャケットで、ラペルの反りや襟の吸い付きもしっかり表現しています。

しかも、生地はエクスクルーシブでシワになりにくシャリ感の強い生地を使っているんです。

これなら夏の暑い日にジャケットを脱いで無造作に鞄にしまってもシワになりませんよね。

こんなチェックジャケットは⬇のような感じで着こなしてもイイですね。

【MEN'S Precious SNAPより】
IMG_1755_20120229232754.jpg

実はコチラのジャケットは秋冬ヴァージョンもあるそうなんです。

秋冬用の生地の方が当然厚みがあり、より一枚仕立てが映えるジャケットになりそうですよね。

代理店で実物を見ている店長さんが、嬉しそうに語る姿を見ていると期待「大」です!


ボリオリは前回訪問時からさらに数点入荷しています。

アルバーノさんらしいのがこんなグレンチェックのCOATスーツです。

しかも、ただのグレンチェックではなくウィンドーペンがはっきりしています。

COATであっても洗いは強くないので、服飾コードが緩い会社でしたらオンでもOKそうです。

IMG_1731.jpg

こちらはジャケパンとして着てみました。

と言うのも、スーツのパンツが細すぎて履けなかったんです_| ̄|○

たぶんあれは仕立て時のサイズミスのような気がします。というかそう思いたい・・・

IMG_1714.jpg

パンツはインコテックスの30番です。

適度なテーパードがジャケットにピッタリですね。


こちらは、ミントグリーンのK.JACKETです。

クラシコイタリアが好きな峰竜太さんが着ていそうなジャケットですよね。

見た目は派手ですが、着てみると意外としっくりきますよ。

IMG_1730.jpg

次回に続きます!

Albano 北海道支店 ~ガイオラのスーツ~

Albanoさんでばかり買い物をする私は、スーツやジャケットはボリオリばっかりです。

お店のたくさんある大都市圏にお住まいの方には、奇異に写るかもしれませんね。

「もう少し他のブランドも着たら?」と思っている方も多いかも・・・

ところが前に住んでいた富山はAlbanoさんをはじめ個性的がショップが多い!

そうなると、どうしても自分に合うショップと、そうでないところが出てきます。

さらに、富山のショップは個人店ですから、何回か通っていたらすぐに顔なじみになります。

結果、行きつけのお店でばっかり買い物することに・・・

良く言えば富山県民は浮気をしない!ということでしょうか!?

「今日のカッコ」のkatsuさんはTで、caph-iaさん(勝手にスミマセン)はFですよね~。

そんなボリオリとフィナモレまみれの私ですが、

ようやくボリオリ以外のスーツを買うことができそうです!


今シーズンの春夏からAlbanoさんでも扱うようになった、GAIOLA(ガイオラ)。

格好良さではガイオラもボリオリも良い勝負ですが、

作りの良さではガイオラが一枚上手です。

コンパクトな肩周りですが、いせ込んだ袖付けでストレス無く腕を動かせます。

シルエットはかなりの細身ですが、ラペルの立体感が凄い!

パンツは股上浅く細身ですが、窮屈な感じは殆ど有りません。

短所と言えば細身なので着る人の体型を選ぶ点でしょうか・・・

P8310047.jpg

写真のスーツはブルーグレーで3シーズン使える生地です。

シャツは私物のダノリスですが、ネクタイはAlbanoさんで取り扱っているものです。


P8310044_20111115212732.jpg

こちらは紺色のオーソドックスな生地で、こちらも3シーズン着用できます。

ガイオラのスーツはかなり惹かれたのですが、購入は見送りです。

無地のスーツは一通り持っているので、次はグレンチェックのスーツが欲しいんですよね。

ベストなのは以前にご紹介したガイオラのスーツの秋冬バージョンです!

優しいオーナーが来年の秋冬にこんなスーツを仕入れてくれるでしょう。


P8310018.jpg
いせ込んだ肩周り。


こうしたジャケットやスーツは見た目だけでなく、

とにかく着てみなければ格好良さはわかりません。

お店でガイオラを見つけれたら、とにかく着てみることをお勧めします!

ボリオリが好きな方は気に入ると思いますよ~。

ガイオラ(GAIOLA )スーツ ~Albano 北海道支店~

久しぶりのアルバーノ北海道支店。

実は3週間以上前に荷物が届いていたのですが、カメラ講座のためご紹介が遅くなりました(汗)。

ブログで紹介しても、すでに売り切れているものがあるやも知れません。

その際はご容赦ください・・・


今シーズンの第一回目がコチラ。

ガイオラのグレンチェックスーツです!

ガイオラ

創始者がナポリのファクトリーを買収して、新しく立ち上げたブランドみたいですね。

ボリオリを日本上陸時から扱っている目利きの店長さんの

お眼鏡にかかったブランドですから、格好良くないはずがありません!

袖を通してみると、全体に細身でコンパクトな肩が着ている人をスマートに見せてくれます。

このコンパクト肩はボリオリと通じるものがありますね。

ただ、ボリオリ(ドーバー、Fモデル)と違うのは肩周りにハンドが入っている点ですね。

ボリオリは腕を挙げると、胴回りの生地も一緒に持ち上がります。

ガイオラは肩の稼働領域が大きいせいか、「スッ」と腕の部分だけ挙げることができます。

肩をグルグル回しても、殆どストレスが無いんです!

これがナポリのハンドの力なんでしょうか!ハンドパワー、恐るべし・・・。

作りは流行の一枚仕立てではなく、本当に薄~い肩パッドがはいっています。

しかし、副資材の使い方が上手いのか、カーディガンの用な軽さは保ちながら

肩の部分に変なシワが入りません。

パンツも上着に合わせてタイトなんですが、決して窮屈ではないんですよね。

やはり設計が良く考えられているのかな~。

ガイオラ2

生地はグレーベースの遠目無地のグレンチェックです。

この生地が渋くて本当にイイ!実に私好みです。

リネンのK,jacketを買っていなければ、コチラを買っていたな~。


ガイオラのスーツ、格好良さの方向性はボリオリと同じなので、

ボリオリ好きな人に着て欲しいです!

さらに言えば、主観ですがボリオリのスーツより格好良い&作りが良いと思います!

気になる方は富山のアルバーノさんで着てみて下さいね。

次はフィナモレのご紹介!

Appendix

FC2カウンター

Profile

JulieO by R.Yashiro

Author:JulieO by R.Yashiro
カッコだけはエリートリーマンの私が、主にイタリアのファッションについて語ります!富山の名店Albanoさんの北海道支店長(自称)でもあります。

タグクラウドとサーチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。