Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albano 北海道支店 ~らしいセレクト~

今回のAlbano北海道支店はニットです!

Albanoさんがメインで取り扱っているニットブランドはザノーネですが、

たまにコレ以外のブランドも入荷します。

以前にはロダのニットも仕入れたりと、相変わらずユニークなセレクトです。


PA020011.jpg

こちらは、かの有名なAlessandro Luppiのハイゲージニットです!

って、誰も知らないですよね。

私も知りません。

Albanoのオーナーさんもよく知らないみたいです(笑)。

しかし、素材感は悪くありません。

ハイゲージですがスメドレーよりはすこし荒いかなといった感じです。

今風なタイトフィットで痩せ形の私にもピッタリ合います。

一番大切な全体の雰囲気もあります。

そして、何しろ値段が安いです。

こちらでなんと15,000円!

メイドインイタリーかどうかは、確認し忘れましたが_ | ̄|○

人気のあるなしに関わらず、こういうブランドもセレクトしてくるのは

Albanoさんらしくて好きです。

思考停止でスメドレーやクルチアーニをセレクトされても面白くありませんよね。


こちらはボリオリのKジャケットに合わせてみました!

ライトグレーに紺のジャケットなので合わないはずはないです。

いたってフツーのカッコですが、函館ではこれぐらいがちょうど良いですね~。

セレクトショップのマネキンはため息がでるくらいカッコいいのですが、

田舎ではあきらかに浮いてしまいます・・・

IMG_00351.jpg
jacket:BOGLIOLI(K.JACKET)
KNIT:Alessandro Luppi
PANTS:JACOB COHEN



お次もあまり知られていないブランドです。

PA020009.jpg

solosali(ソロサリ)のミドルゲージのニットジャケットです!

こちらはイタリアのファクトリーブランドで今シーズンがデビュー戦みたいです。

素材はウールとアルパカの混紡で、織り方もあるのでしょうが、

柔らかいというよりも、張りがあるといった感じです。

着てみるとじんわりと暖かさを感じます。

シルエットは適度なタイトフィットです。

柔らかくてタイトすぎるニットは、途中でもたついて腕を通すのも一苦労ですが、

こちらはアームホールが絶妙な太さで、腕を通しやすいです。

値段はこちらで3万円と、メイドインイタリーとしてまずまずお買い得ではないでしょうか。

IMG_0058.jpg
KNIT:solosali
SHIRTS:Finamore
PANTS:JACOB COHEN


茶色のブロックチェックのフィナモレとピッタリです!

襟の裏側は織りが変わっていて、ビシッと立つようになっています。

もちろん折って、普通のニットジャケットととして着てもOKです。


IMG_00621.jpg
KNIT:solosali
SHIRTS:Finamore
PANTS:PT01


前ボタンを留めずに、カーディガンのようにきてもカッコ良いです!


初めに上のアレッサンドロルッピのニットを試着して、

こちらのタートルネックニットを買うことに決めかけていたのですが、

ソロサリのカッコ良さに惹かれてしまい、このニットジャケットを買うことに決めました!

これで三年連続(一昨年去年)で紺のニットジャケットを買っています・・・

さすがに来年は別の色に挑戦してみたいですね~。


広島のセレクトショップのROOTWEBさんでもsolosaliの取り扱いがありました!

ショールカラーカーディガン【ソロサリ(SOLOSALI)】sol241802-キャメル
スポンサーサイト

フィナモレのギンガムチェックシャツ

暑いです・・・

お盆が過ぎれば秋風が吹くという北海道ですが、未だに30°オーバーです。

扇風機も冷房も持たない私はアイスノンでこの暑さを凌いでいます。

こんな中でブログ用の写真を気合いを入れて撮ろうとしたら、ホントに熱中症になります

そんなわけで今日はあさっりと行きます。

盆休みのアルバーノさんで購入したフィナモレのブルーのギンガムチェックシャツです。

ギンガムセルジオ

モデルはもちろんセルジオ。

こちらはの今年の2月のフィナモレスワッチ選びでリクエストした生地。

予想通りの素敵な仕上がりでお買い上げにいたりました。

ネル調の厚みのある生地で、秋から冬にかけてピッタリの生地です。

こうした柄は持っていても、こんな厚手の生地を使ったシャツは持っていなかったので

丁度良い買い物ができました。


finamore+K.jpg
jacket:BOGLIOLI K.jacket
shirts:Finamore


明るめのネイビージャケットにブルーのシャツで、

私の大好きなネイビートーンのコーディネートです。

シャツとジャケットが共に暖かみのある素材で、保温性もバッチリです。

さらに・・・

ギンガムセルジオ2
Blouson:ASPESI
jacket:BOGLIOLI K.jacket
shirts:Finamore

この上からアスペジのM−65レプリカです。

これでボトムに白パン、シューズにブラウンチャッカを持ってくれば

鉄板コーディネートですね。

全体的に淡い色合いなので、今っぽさも出せていると思います。


ちなみにフィナモレを買うなら断然UAが安いです。

アルバーノさんも他店より少しだけお買い得ですが、それを上回る安さ・・・。

2012秋冬第一弾! 〜PT01のダブルツイステッド〜

前の記事にあるように、今シーズン購入の第一弾です!

P8110003.jpg

PT01のガーメンダイを施したチノパンです。

モデルはダブルツイステッド、色はオフホワイト、シルエットは股上浅めのテーパードです。

スーパーのつかないスリムフィットですが、裾幅が股下79cm位置で18cmと

かなり細〜いです。

去年に買ったウィンターゴンミーニのブーツインスタイルでも裾が上手く納まりそう!

素材は厚手のコットンツイルでストレッチは効いていませんが、

絶妙なモデリングでなせいか窮屈感は殆ど感じません。

この辺はさすが専業パンツブランドですね。

さらに、オンでも使いたい私にとって、クリースが入っているのがナイスです。

これが有るだけでもだいぶ見え方が違いますからね〜。


P8110008.jpg

ステッチの部分にあたりがあるだけでグッと雰囲気が増します。

目立つディテールはこれぐらいで、他のモデルと比べると控えめです。

その分、値段は2万円前半(税抜き)と同ブランドのパンツとしては安いです!

この値段も購入の決め手でした。


久しぶり!?平置きコーディネートです。

オフの日のジャケットスタイルをイメージしました。

P8110002.jpg
jaket:BOGLIOLI K.jacket
shirts:finamore
pants:PT01
belt:ANDREA GRECO
shoes:KOKON


製品染めのパンツには同じく製品染めのKジャケットが合います。

シャツはフィナモレのパープルストライプで、トレンドからは外れますが大人な感じですね。

シャツの柄をもう少し控えめにしたら、オンでもいけると思います。

ちなみに私の会社、日本列島が南北に長いことを無視して、

クールビズの全国画一運用をしています。

北海道の9月末なんて、日によってはかなり寒くなるんですけど・・・

場合によってはクールビズでこのパンツを履けるかもしれないですね〜。

何しに行ってるんだ! ~東京のついでに富山!?~

題名は東京出張の経路を会社の経理係に説明した時に浴びせられた言葉です。

新千歳⇔羽田の航空搭乗券のはずが、なぜか富山→新千歳(帰路)になっている

のですから仕方がありません。

誤解の無いように言っておきますが、こうした場合は羽田→新千歳の最低料金しかでません・・・


Twitterを見て頂いている方はご存知かもしれませんが、

またもや東京出張のついでに富山に遊びに行ってきました!

前からブログを読んでいる方は呆れているかもしれませんが、好きなんです富山が・・・

東京でもブログ仲間のアウスレーゼさんとの物欲会議や、

銀座での素敵な出会い(また別の機会に記事にします)もありましたが、

やはり主役は富山の名店「Albano」さんへの訪問です。

今の時期は毎週のように入荷があり見逃せません。

前開訪問時はボリオリが入荷していましたが、今回はガイオラとフィナモレです!

ガイオラはかなり好調みたいで、すでに私のサイズの44はかなり売れていました。

このため追加発注をかけるみたいですよ。

ガイオラで気になったのが、コチラの一枚仕立てのジャケットです。

IMG_1727.jpg

ボリオリのドーヴァーでも十分に軽いのですが、それを遥かに凌駕する軽さです!

殆どシャツジャケットと言ってもいいのですが、

着てみるとしっかりジャケットで、ラペルの反りや襟の吸い付きもしっかり表現しています。

しかも、生地はエクスクルーシブでシワになりにくシャリ感の強い生地を使っているんです。

これなら夏の暑い日にジャケットを脱いで無造作に鞄にしまってもシワになりませんよね。

こんなチェックジャケットは⬇のような感じで着こなしてもイイですね。

【MEN'S Precious SNAPより】
IMG_1755_20120229232754.jpg

実はコチラのジャケットは秋冬ヴァージョンもあるそうなんです。

秋冬用の生地の方が当然厚みがあり、より一枚仕立てが映えるジャケットになりそうですよね。

代理店で実物を見ている店長さんが、嬉しそうに語る姿を見ていると期待「大」です!


ボリオリは前回訪問時からさらに数点入荷しています。

アルバーノさんらしいのがこんなグレンチェックのCOATスーツです。

しかも、ただのグレンチェックではなくウィンドーペンがはっきりしています。

COATであっても洗いは強くないので、服飾コードが緩い会社でしたらオンでもOKそうです。

IMG_1731.jpg

こちらはジャケパンとして着てみました。

と言うのも、スーツのパンツが細すぎて履けなかったんです_| ̄|○

たぶんあれは仕立て時のサイズミスのような気がします。というかそう思いたい・・・

IMG_1714.jpg

パンツはインコテックスの30番です。

適度なテーパードがジャケットにピッタリですね。


こちらは、ミントグリーンのK.JACKETです。

クラシコイタリアが好きな峰竜太さんが着ていそうなジャケットですよね。

見た目は派手ですが、着てみると意外としっくりきますよ。

IMG_1730.jpg

次回に続きます!

2012年秋冬スタート!?

前回からの続きです。

アルバーノさんにボリオリの春夏が入荷したと同時に・・・

ボリオリの2012-13の秋冬サンプルが入荷していたのです!

アルバーノさんはボリオリを大量に発注するため、代理店だけで注文するのではなく、

サンプルをお店に取り寄せて、アレやコレやとじっくりと選ぶのです。

そんな時に居合わせたらもう大変。

生地のスワッチやサンプルを見て、アレもコレも欲しいと物欲全快です!

今回も春夏そっちのけで、秋冬をチェックしてきました。

⬇が送られてきたサンプルです。

IMG_1592.jpg

手前二つがCOAT、その奥がサファリジャケットのチェルシー、

さらにその奥がコーデュロイのCOATスーツです。

手前二つのCOATは微妙な色出しでボリオリらしい仕上がりです。

コーデュロイもこれから注目の素材ですよね。

この中でサファリジャケットを着てみました!

IMG_1626.jpg

サンプルは48サイズなのでマイサイズが44の私にはダボダボです。

片手で後ろからジャケットを引っ張っているため、それらしく見えますね。

春夏のチェルシーにはそれほど惹かれませんでしたが、素材が変わってかなりの好印象です。

襟を立てブルゾン風に着こなすのがイイです!

厚手の生地なので、中にストールをグルグル巻きすれば首都圏の冬は越せると思います!

ただオンでは使えないので、少し悩むところですね~。


サンプルとは別の段ボールが・・・

IMG_1591_20120212093219.jpg

開けてみると・・・

生地のスワッチとモデルブックなんですね~。

IMG_1602.jpg

今期から売り出し中のチェルシーもしっかり記載されています。

スワッチにはチェルシーとありますから、チェルシー専用の生地を使うんでしょうね。

IMG_1628_20120212090015.jpg


ダブルのニットジャケットはモデルチェンジするみたいですね。

織りがアランニットになるのかな。

これもカッコ良いな~。

IMG_1614.jpg


大量のスワッチから私が気になったがモノがこちら!

IMG_1627.jpg

ネイビーにベージュのウィンドーペンが入った生地です!

こちらはドーヴァーモデルのもの。

これをドーヴァースーツで仕立てて、ベージュのタートルネック、スエード靴

なんて合わせたら、まさにクラシコオヤジです!

もちろんタイドアップしてオンでも使えますし、広~く活用出来そうです。

秋冬のイメージが広がるな~。

これは是非仕入れて下さい、とオーナーさんにお願いしておきました。

まぁ、入荷するかどうかはオーナーさんの考えしだいですけどね。


IMG_1621.jpg

こちらはCOAT用のコーデュロイ素材です。

洗いがかかり、くったりした感じが良い味わいです。

スーツで着こなせたらまさに「The業界人」って感じです。


IMG_1616.jpg

こちらのグレンチェックの生地も良いです!

英国調がトレンド(いつも言っている気がしますが)みたいですしね。

私自身、無地のスーツ、ジャケットがかなり揃ってきたので、チェック生地が気になります。


IMG_1623.jpg

こちらはカシミア100%のK.JACKETです。

値段が226,000と大変なことになっています!

アルバーノさんがボリオリを直輸入していたころなら、

カシミア100のKも買える可能性がありましたが、

今となっていは夢物語です・・・


IMG_1619.jpg

こちらは定番のドーヴァーラインの生地です。

右列下から二つ目の生地は以前にドーヴァースーツの記事でご紹介したものと同じ生地です。

こちらは毎年売れ行き好調のようで、秋冬も入れるようですよ。

この生地は色の出方が本当に微妙で、着ている人をお洒落に見せてくれます。


こうして、秋冬が終わった瞬間に秋冬が始まり、すでに私の心は秋冬に。

春夏の物欲もこのまま無くなってくれればよいのですが・・・そんなわけないな_| ̄|○

Appendix

FC2カウンター

Profile

JulieO by R.Yashiro

Author:JulieO by R.Yashiro
カッコだけはエリートリーマンの私が、主にイタリアのファッションについて語ります!富山の名店Albanoさんの北海道支店長(自称)でもあります。

タグクラウドとサーチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。