Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albano 北海道支店 ~サンフランシスコストーリー~

今年最後!?のAlbano北海道支店。カジュアルなニットジャケットのご紹介です。名前はサンフランシスコストーリー。名前はアメリカンですが、もちろんメイドインイタリーです。アメカジテイストを加えたイタリアンカジュアルブランドみたいですね。

SFS1

こちら、形こそジャケットですが、ブルゾンといったほうがぴったりきます。ブルゾンらしく襟を立て、三つボタンをすべて留めて着ると格好良いですね~。素材はダブルフェイスのニットで裏地が貼られているため、温暖地ならコレ一枚で冬を越せます。ラペルの返りが云々などと作りを語るようなジャケットではありませんが、オフの日に着るならコレぐらい気が抜けた方が良いかもしれません。お洒落なイタリアンに行くとしたらボリオリのジャケットを着て行きますが、山の中のこだわりのお蕎麦屋さんに行くとしたらコチラですね(分かりにくい例えでスミマセン・・・)。

SFS2

サイズ感はかなりタイトですが、素材に厚みがあるためシルエットはボリューミーな感じになります。今はタイト全盛なせいか、このもっさり感が逆に新鮮だったりします!こんなボリューム感のあるモノを合わせるときは、必ずどこかにタイトなものをもってきます。パンツを軍パンにして、すっきりとしたブーツを合わせるのも良いですし、タイトなパンツを履いて、ボリューム感のあるマウンテンブーツなどをもってくるのも良いと思います。例えばこんなストックンのマウンテンブーツなんか今っぽいですよね。

ストックン

ドライビングシューズを作っているストックンのブーツなので、ごつい見た目に似合わず、履き心地はすごく柔らか~いです。

ちなみに両方とも値段は手ごろですよ。気になる方はAlbano本店で着てみてください!
スポンサーサイト

Appendix

FC2カウンター

Profile

JulieO by R.Yashiro

Author:JulieO by R.Yashiro
カッコだけはエリートリーマンの私が、主にイタリアのファッションについて語ります!富山の名店Albanoさんの北海道支店長(自称)でもあります。

タグクラウドとサーチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。